部署紹介

薬局

薬局

当院の薬局では、患者様にお薬を安全かつ正しく服用していただけるよう、関連部署と連携しながら調剤業務を行っています。精神疾患の治療において、薬物療法は重要な位置付けにあり、医局の先生方と協力し、安全で最適な薬物治療がすすめられるように取り組んでいます。特に精神科領域において服薬が長期間におよぶ事が多く、患者様への教育も大切であると考えています。私たち薬剤師はこれからも服薬指導を通じ、お薬を安心して、且つ継続して服用して頂けるように指導ならびに支援していきたいと考えています。

調剤業務

薬を安心して服用していただくため、服用量や飲み方、他の薬との飲み合わせ等をチェックします。また、誤薬・飲み忘れがないように分包紙にまとめて入れ、氏名、用法を印刷します。
鼻腔チューブや胃ろうチューブで栄養や薬を摂る患者様には、機械で微粉末の形態に調整します。

院内製剤業務

高齢者の難治性の皮膚疾患の治療に、要請に応じ混合軟膏の院内製剤を作ります。

服薬指導業務

医師の要請に応じ、患者様への服薬指導を行い、薬に関する不安を取り除くよう努めています。

医薬品管理業務

薬を指定された方法で適切に保管し、使用期限のチェックを行っています。また、各病棟用の医薬品のチェックも定期的に行っています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

薬についての情報収集と管理を行い、医師をはじめとする医療スタッフへ情報提供をしています。緊急を要する情報については早急に対応しています。

薬剤情報提供業務

外来患者様や退院時又は転院時には、処方されたお薬の名前、飲む量や使用回数、使うときの注意などが書かれた「おくすりの説明書」や「おくすり手帳」を必要に応じてお渡しし、他の医療機関を受診した際にも活用できるようにしています。